C館の日曜日といえば…

最近、C館の日曜日といえば…食事作りの日!!
ということがすっかり身についたC館ケアマネ兼介護職の伊藤です。

C館の食事作りとは…昼食メニュー考案から作るまで入居者様と介護職が一緒に行うものです。
ちなみに普段の食事に関しては、管理栄養士さんと厨房さんが全て行ってくれています。

私の悩みは食事作りの担当の日の前日から始まります。
前回の食事作りで提供した鉄火丼を、「いつもよりおいしくないね・・・」と言われた入所者M様の好みに合わせ、先日の日曜日は有名店のカレーうどんを作りました。
粉末のたれを使いうどんをゆでるだけだから簡単・・・と思いきや、10人前…。
鍋に一度に入らず、お湯を減らしたら何人分のお湯か分からなくなりてんてこ舞いでした。
でも、Mさんにはおいしいと言ってもらい、ホッとした一日でした。

私にとって食事作りの日・・・食事作りを一緒に行ってくれる入居者様数名、そして普段食事を提供してくれている管理栄養士さんと厨房さんの有り難さを感じる日にもなっています。

文字

こんにちは。
生活相談員兼介護支援専門員の坂本です。

今日は習字のボランティアさんが来てくださいました。

入居者の中には、好きな文字を書く方もいれば、先生が持ってきてくださった見本を見て書く方もいらっしゃいます。
何を書こうか迷っている入居者・利用者へボランティアのMさんは優しく
「春だからこれはいかがですか?」
「ご自分のお名前はどうでしょう?」等、声をかけてくださいます。

「上手ですね、とても良いですよ!」と声をかけていただき、みなさん笑顔になります。

以前、ある職員が「○○さん、今日習字のボランティアへ参加したんですが、とっても上手なんですよ!次は□□さんも参加してもらいたいので声をかけてみますね!」と、嬉しそうに教えてくれました。

「日記や一日のスケジュールを書いてもらうのはどう?」そんな事を投げかけました。
さっそくノートとペンを準備し○○さんへ・・・職員の声かけで自分の名前や住所を書いてくれたそうです!

入居者・利用者の方々にも日常の中に“書く”という行為があったはずなのに、いつの間にか文字を書く機会がなくなってしまい、私たちも文字は書けないんじゃないか?という先入観があったかもしれません。
もし、習字のボランティアさんに来て頂いていなかったら・・・もしかしたらこの先もずっと書く事はなかったかもしれません。

そんな発見があったことをボランティアの方々に感謝し、一緒に喜び合えるような≪なごみの郷≫でありたいと思います。

ボランティアの皆さま、これからも≪なごみの郷≫をよろしくお願い致します。

第2弾

すっかり春で暖かい日が続いています。
皆さん、花見に行きましたか?
今年は咲くのが早く、私たちが住むなごみの郷では3月の下旬と4月の最初に花見に行ってしまいました。
花見は何回行ってもいいものです。
前回、花見のブログをあげましたが、今回も第2弾をお送りします。

近くの公園で桜が満開な頃、なごみの郷の庭では色々な春の花が咲いています。
桃の花、スイセン、藤、名前の分からない花・・・など。
桃の花は咲くのが早く、今もまだ咲いています。

写真①

写真②

新年度も始まりました。
入学する方、新生活を送る方、今年も同じ場所で頑張る方など良いスタートになる様に願っています。
今年度も宜しくお願い致します。

C館フロア責任者 目黒