★インフルエンザの流行時期突入★

皆さんこんにちは(*^_^*)

立冬が過ぎ、いよいよ冬本番になってきましたね。

そこで心配されるのが、昨年も大流行したインフルエンザです。

インフルエンザは非常に感染力の高い病気です。1人が罹ると家族や職場・学校等で蔓延してしまう恐れがあります。
インフルエンザにならない為にもしっかり予防対策をしましょう。

インフルエンザの予防は

①手洗い・うがいの励行
②マスク着用
③予防接種
です。

インフルエンザに罹らず、楽しいクリスマスやお正月を迎えましょう。

看護責任者  中山

地域貢献活動・・・

こんにちは。

いちょうの葉も色づきはじめました。 訪問介護管理者の久保田です。

訪問介護の業務以外の活動について以前お話を致しました。
地域で暮らしていて困っている方の情報を聞き取り発信しています。
 →「地域包括支援センター」→「地域ケア会議」→「行政」と・・・

地域の取り組みの1つで「認知症の症状がみられても地域の方々の見守りで、住み慣れた家で生活を続けられるように」
地域の方々に認知症の症状を理解して見守って頂けるような活動をおこなってきました。

今年の6月に地域密着型老人福祉施設 越谷なごみの郷3Fラウンジに「オレンジカフェ Nego」がオープン致しました。
認知症になったらどうしようではなく、認知症になっても1人悩まない、安心して暮らせる地域づくり、地域の方がホッとできる居場所になることを目的としています。

6回目を迎え、外部講師を招いて行っている、ちょっと手足を動かしながら行う「笑いヨガ」がとても好評です。
地域住人、施設住人・家族、幼児づれの職員 どなたでもご利用できます。
福祉事業「就労継続支援B型」ボンボンベーカリーの方がパンの販売にきており、大人気です。

私達訪問介護スタッフも、運営に関わっています。
皆さん、一度遊びに来ませんか?
 

  

介護技術研修

理学療法士の大川原です。

今回は当施設で開催している介護技術研修についてご紹介いたします。

当施設では職員の技術向上を目的とした研修を開催しております。

その中でも身体の基本的な動作の理解と直接介助するときの介助方法について日々勉強会を開いています。

例えば、人はどうやって寝返るのか、または起き上がるのか、立ち上がるのかを細かく観察する。
次に身体に障害がある場合、どの動作が困難で起き上がる事が難しいのかとか立ち上がれないのかを検討していく。
そして、その動作はどのような介助をすることで可能になるのかを導き出し実際介助をしてみる。
・・・・といった方法で勉強をしています。

各月ごとでテーマを変えて月に数回開催しています。

介護職の皆さんには専門的な視点で介助方法を見出す能力を身につけられれば、自分達の仕事にやりがいを感じることができるのではないかと思います。
また、介護職をできるだけ長く続けられるように自分の身体に負担の少ない介助方法も習得できればと考えています。

来年の3月まで研修は続きますが今後は職員以外の参加も考えています。
介助方法で困っている方など対象にお力になれればと思います。