申請、お済ですか?

今年8月~来年7月迄の有効期間「介護保険負担限度額認定証」の申請はお済でしょうか?
この申請が可能な方は世帯全員が非課税のご家庭です。
(非課税・・・市区町民税がない)
もしまだ申請がお済ではない方々、8月末迄に市区町村役所へ行って申請をしてください。

在宅サービスでショートステイをご利用の方、施設利用をされている方、お食事代とお部屋代が減額されます。
申請に必要なものは、年金や預貯金の通帳の見開き1ページ目のコピーと直近の残高記載のページのコピー、認印です。
施設利用の方は、施設入所日が必要となりますので各施設にお問い合わせしてください。
ご利用者が直接行けず、ご家族が行く場合は念のため顔写真入りの身分証明書を持参すると確実です。

もう1つ、申請されてないご家庭が多い「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」です。
これは医療機関等の窓口に提示すると、保険適用の医療費の自己負担限度額の区分Ⅰ・Ⅱが適用されます。
入院時の食費が減額されます。

この申請対象は自己負担が1割で世帯全員が非課税のご家族となります。
申請に必要なものは、後期高齢者被保険者証・認印・ご本人が確認できる書類(介護保険証が早いと思いますが、お持ちの方はマイナンバーカード、運転免許証等)です。
申請書は市区町村役所「後期高齢者医療制度」の窓口にあります。
こちらもご本人が直接行けず、ご家族が行く場合は念のため顔写真入りの身分証明書を持参すると確実です。

介護保険負担限度額認定証は毎年申請ですが、後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証は1回申請すれば、制度改正で変更しない限り毎年申請する事はありません。

介護保険をご利用されていないご家庭も「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請は可能です。
簡単にご説明しましたが、詳細はインターネットもしくは、包括支援センターや担当ケアマネ、市区町村に尋ねてください。

利用できる制度は利用しながら健康に暮らしていきましょう。

施設ケアマネ 井上

鼓膜

長い梅雨が明け、夏!がやって来ました。
皆様、お元気きでお過ごしでしょうか? 
越谷なごみの郷の職員もみな、日々万全な状態で皆さんにサービスを提供できるよう体調管理に余念がありません。

さて私事ではありますが、実は右耳の聴力は無く(先天的)左耳は鼓膜が損傷されています。
〈聞こえ〉というものは聞こう!という意識を持たないと、人の声が耳に入ってこなくなります。
それに加え年齢,老化は音域が狭くなり、、、、、認知症もすぐ近くに。 
  
左耳の鼓膜もなす術がないと以前言われたことがあったのですが、再生手術ができることを知り受診をしました。
鼓膜を切り、コラーゲンを乗せて自身の再生力に頼り鼓膜を作るとのことで、見えない部分の手術ですしとても不安でしたが、意を決して左耳の鼓膜再生術を受けることを決めました。

手術は無事に終わり、術後の受診では「今日再生されてなかったら切開手術にしましょう」と先生から宣告を受け、入院準備をしていきました...が、なんと鼓膜が再生されていました!!

この約3か月間は今まで以上に聞こえず不安でした。
音のない世界は独りぼっちでいるような感じでおりました。
今は補聴器をつけずに仕事につくことができています。

補聴器は、入れ歯や眼鏡に比べて使用することに抵抗感があり手が出しにくい物かと思いますが、早めに使い慣れることで音の中(色々な雑音など)から<人の声>を聴きとることができます。
迷っている方がいらしたら試してみる事をお勧めします。

コロナ禍ですが、今できる事に力を注ぎ、乗り越えて行きたいですね、
感染症の心配がなくなった際には、利用者さんと、紅葉狩りなど季節ごとの催し物を楽しみに行きたいと思っている、阿部でした。

「やればできる」

新型コロナウイルスに負けないために体力作りを始めた小倉です。
日頃の運動で腰痛が消え、身体が軽くなっておりベストコンディションです。

息子が縄跳びの練習を見て、触発されました!!
熱心に縄跳びのやり方を指導していますが、

何を隠そう私は二重とびができません…
イメージでは何回も飛べるのに…
縄跳びのせいにしようとしている自分が…
職場では大多数が飛べている…

自分で限界を決めるのは好きではありません!!

ここで宣言します。今年中に二重とびを習得します!!

フロア責任者 小倉

~制作活動の作品紹介~

みなさんこんにちは!
デイサービスでは毎月制作活動を行っています。

今回は利用定員12名のデイサービスの制作活動をご紹介いたします。
利用者さんが行えることを続け、また、行えていたことを取り戻せるような活動の提供をさせていただいています。

制作活動は利用者さんの趣味活動になったり、手先の訓練や想像力を豊かにしたり、脳の活性化、他者との交流など、活動を通して得意なことを見つけ出し、役割を持って取り組む機能の維持や向上につながっていきます。
季節を感じていただきたく、毎月制作に取り組んでいます。

和紙をちぎったり、折り紙を折ったり。
粘土をこねたり丸めたり。1か月かけて作っています。
利用者さんのできることの発見・・・発見により支援の幅が広がっていきます!

ちなみに今までの作品がこちらです。

写真①

今年の4月から6月は「たんぽぽ」「カーネーション」「あじさい」・・・とお花シリーズで来ています。

写真②

そして、7月は七夕飾り!!!

写真③

利用者さんは頑張って願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉につるし・・・
叶うといいな(*^-^*)☆

今後も利用者さんと制作活動を続け、いつか川柳地区文化祭など、地域の皆様に披露できるように頑張っていきます!

デイサービス  篠田

発見

こんにちは。居宅ケアマネの坂本です。

『コロナ怖いわね。不安で外にも出られないと思っていたの。でもね、そんなことも言っていられないと思って、あんまり人がいないときに散歩へ行くようにしたの。気持ちよかったわ。あなたも大変でしょうがお休みの日に散歩してみるといいわよ。新しい発見もあるわよ!』

私の担当する利用者さんがこんなことを言っていたのを思い出して休みの日に散歩へ出かけました。

あてもなく歩き始めて10分。
用水で30㎝くらいの魚がバシャバシャと音を立て群れになって跳ねていました。

何をしているんだろう?コイ?フナ?
何をしているかわからないまま携帯で写真を撮りました。
残念なことに上手く撮ることはできませんでしたが家に帰って調べてみました。

コイなのかフナなのか…魚の種類はわかりませんでしたが、私が見たそれは魚の産卵だったようです。
10年以上の間、何度も通ったことのある用水路で新たな発見でした。

普段と同じ場所でも自転車や車ではなく歩くことで新たな発見ができたことをうれしく思いました。
なんだかとっても素敵なことです。

コロナウイルスの不安はまだまだ続きそうですがそんな中、素敵なアドバイスをくれた利用者さんに感謝です。
仕事でも視点を変えるってとても大切ですよね。

手法を変えたり見方を変えたり、ときには立ち止まったり迷ったり。もしかしたら戻ることもあるかもしれませんがこれからも新たな発見をしていけるようにがんばりたいと思います。

みなさんは最近、新たな発見がありましたか?

ベトナムから日本へ・・・

皆さん、こんにちは。ロアンです。❤

私のほかにベトナムから5人の技能実習生がなごみの郷で働いています。
日本に来て日本の言葉に触れて、日本食を食べて。。。
困ったり、戸惑うことはたくさんありました。
でも諦めたり途中でやめようなどとは考えたことはありません。
私たちはなごみの郷で働けて皆さんに愛されて、応援してもらい、とても幸せに過ごしています。
私たちの幸せを少し共有します。

入国
2020年1月17日 この写真は私たちがなごみの郷での仕事をスタートした記念すべき日です。

ベトナムの日
2020年1月25日 この写真は自分の国の伝統的な儀式の旧正月です。
日本の方々にベトナムの伝統料理を紹介しました。

畑1

畑2

そしてこれは何?

なごみの郷で私たちは可愛い畑を作りました❤
一緒にベトナムの野菜を作ったり、苗が毎日成長するのを見守っています。
それは私たちにとって仕事の後にリラックスする方法です。
3年間日本に住んで仕事をしながら意味のある生活を送れるように頑張ります。

歓迎会2
2020年1月17日 歓迎会をしてもらいました。(注:コロナ感染症対策前です)

あ~あ。
早く焼き肉食べたいロアンでした。❤

みなさん、梅雨ど真ん中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
体調を崩されていませんか?

緊急事態宣言は解除されましたが、東京都内では日に日に感染者が増えている状況に不安が隠せない毎日です。
越谷なごみの郷でも自粛の日々が続いており、まだ面会の解除が出来ない状況下にあります。

ご家族様の心境を考えますと、1日でも早く解除して面会して頂きたいのはやまやまなのですが・・・
「命を守る」事を一番に施設は対応しています。
どうか、ご理解をお願い致します。

さて、越谷なごみの郷では、7月1日より、嘱託医が変更となります。
今までは、吉川中央病院の水田先生にお願いしていましたが、1日からは、ハートフルクリニックの佐藤院長が嘱託医となって下さいます。
早速1日は、回診日です。
入居者の皆さんも新しい先生にお会いすることを楽しみにされている様子でした。
末長いお付き合いをお願い致します。

そして、もう一つ。
ベトナムからの実習生を迎え入れ約半年になります。

ユニット配属になった実習生が、トマトの栽培を始めています。
毎日、赤い実がなることを心待ちにしています。
そのトマトの木です。

DSCN0218①

DSCN0219⓶

すごいでしょ!
嫌な出来事も多いですが、そんなことには負けずにユニットの職員は毎日頑張っています。

皆様も、お身体をご自愛下さい。

ユニット介護支援専門員兼相談員   木下  桂子

緊急事態宣言解除後1ヶ月経過

理学療法士の大川原です。

緊急事態宣言が解除になってから1ヶ月あまり経過しました。
過去にクラスターが発生した場所以外はだいぶ緩和されてきました。
皆さんは現在どのようにお過ごしでしょうか?

先日、行きつけの天ぷら屋に行ってきました。
やはり、席の間隔をとったり、透明のビニールシートやアクリル板などで感染予防をしていました。
大変な世の中になってしまったのだと思いました。

できるだけ外食の回数は今後も控えていくつもりではいますが、この天ぷら屋の「アイス天」というメニューが美味しいのなんのって。
これを楽しみに行くんですよね。
アイスを天ぷらで揚げるなんて考えたこともなかったことなのですごく驚きました。

ちなみに川口市東領家3丁目にある「味処 柚子や」ってお店です。
やはり、何かを楽しみにして生きていかないとつまらないですよね。

これからも「新しい生活様式」の中でも楽しみを探してみましょう。
感染症対策はしっかりしながら・・・・

絶賛カメラマン実施中☆

こんにちは!約一年ぶりの登場であります、Bユニットリーダーの山岸です!

私、実は写真を撮るのがとても好きなんです。
あ、立派なカメラで撮るとか、自分の顔を撮るとかではなく(笑)

友人と集まった際に何げなく楽しそうな友人たちや旅行に行った際に自分がいいと思った景色とかを写真におさめるのが好きなんです。

正確に言うと、この頃はこうだったな、あの時は本当に楽しかったな…と1人で、はたまた友人と思い返している時間が好きでいつも撮っています。

なので気が付いたら友人間で私はカメラ担当になっていました(笑)

話が変わるようですが、昨年末、祖母が天に召されました。
仕事にも慣れ、「認知症」と向き合えるようになって面会を増やし始めたのですが突然「もって後1~2か月です」とのお話でした。
本当に突然。
今でも全然泣けてくるし、祖母がいた施設に行けばまだ会えるんじゃないかとか思っています。

あ、悲しい話ではないんです決して(笑)

祖母がいた施設から、写真集的な物を頂いたのです。
パソコンに取り込める形で頂いたのですが、とても良い顔をして笑っている祖母がそこにはたくさんいました。
なかなか会いに行けなくて、会えても1~2時間程度で、話していても私の事を忘れてしまっているので笑顔が見れるまで少し時間がかかったりしてしまう事が多かったので、写真におさめられている祖母の満面の笑みを見れて本当に良かったと思ったんです。

これだわ!!!!!!!!!!

そう、今の私たちがご面会に来られないご家族様にできる事は、入居されている方のお写真を一枚でも多く撮ってお見せする事だ!!!!

面会制限へご協力頂いている一方で、やはりお顔が見られないというのは心配だと思うのです。
施設の面会制限が解除されるのはまだまだ先になってしまうと思うのですが、様子報告書という形でご家族様に月に一度お手紙を出させて頂いております。

これまでもイベントの時等にお写真は撮らせて頂いていたのですが、今はイベントごとも自粛中ですので、普段の生活の中で見せて下さる姿や、何かお手伝いをしてくださっている時など、シャッターチャンスをいつも探すようになりました♪

おかげ様でご家族様からの嬉しいお言葉も頂いております!
今後も継続していきますので、よろしくお願い致します♪

紫陽花

みなさん!こんにちは~

今年は新型コロナで始まり、あっという間に春を駆け抜け、もう6月になってしまいました。
「コロナコロナ」で季節を感じる余裕すらなかったのではないでしょうか?

じめっとした梅雨が約1か月続く、個人的にはあまり好きでない季節ではあるものの、唯一好きなものがあります。。。
「紫陽花」です。

ガクアジサイ

あじさい写真

「紫陽花」の原産地はなんと日本なのですが、もともとガクアジサイの品種改良によって一般的によく見られる「ホンアジサイ」が全国的に広まったということのようです。

繁殖は主に「挿し木」で、愛好家の方々はいろいろな品種を重ね合わせて色とりどりの
紫陽花を咲かせ、私たちを楽しませてくれています。

私が紫陽花を好きになった理由は、鎌倉のお寺で見た、あたり一面に咲く紫陽花でした。
鎌倉の古刹に相まって、なんとも形容しがたい気持ちだったことは今でも忘れません。

新型コロナが落ち着けば真っ先に行ってみたい場所の一つです。
行かれたことがない方は是非行ってみてください。

これから続く梅雨の時期、長雨はとても鬱陶しいものです。
しかし、紫陽花ほど雨に似合う花はありません。
各地に咲いている色とりどりの紫陽花を堪能しながら、梅雨を乗り越えましょう!

通所介護 松久晋也