お彼岸

みなさんこんにちは!
地域密着型介護老人福祉施設責任者の岡です。

梅が咲き、そろそろ桜の開花がきになる今日この頃です。
心地良い小春日和には、仕事を抜け出して、散策を楽しみたいと思うのは私だけでしょうか?
私が、一番好きな季節です。

そして、カレンダーでは、お彼岸を迎えます。
今回私は、お彼岸とお盆とはどこがどう違うのかを皆さんにお伝えしようと思います。

そもそも、お彼岸とは・・・
日本独特の風習で、お盆と同じく 先祖を敬う行事です。
年2回、春分の日と秋分の日の前後3日、合計7日間を「お彼岸」とし、此岸(こちらの世界)から、彼岸(極楽浄土・悟りの地)へ行けますようにとお願する行事です。
こちらの世界から、祖先のお家にお伺いするイメージです。

そして、お盆とは・・・
古来からある日本文化(檀家制度など)と、仏教の教えが混ざり合い、融合し生まれた、日本独特の行事です。
お盆の期間中、先祖様をあの世から家にお迎えし、もてなし、供養し、またあの世にお送りする行事です。

と、いうことで、
「お彼岸は、こちらからご先祖様へ歩み寄る
 お盆は、ご先祖様を家にお迎えしもてなす」
といった違いがあるのです。

とはいえ、ご先祖様を敬う気持ちには、変わりはありません。

今自分が、ここに居るのにはご先祖様のお陰と感謝する気持ちこそが大切だと思います。

皆様も、お彼岸にはどうかこちらからご先祖様に歩みより、感謝の気持ちを伝えて下さい。

地域密着型特養
岡 裕和

メラノーマについて

理学療法士の大川原です。

今回は悪性黒色腫(メラノーマ)についてお話をします。

まず、メラノーマとは皮膚がんの一種で、最も悪性の強い皮膚がんです。
悪性黒色腫の発生には、遺伝的背景と環境因子の双方が重要な役割を果たしています。
白色人種の発生率が有色人種よりも数倍高く、紫外線の強い地域に住む白色人種の発生率がさらに高いという報告もあり、紫外線が関係している可能性があります。
日本では、足底や爪部など普段慢性的に刺激を受けやすい部位、あるいは衣類などですれる部位や外傷を受けた部位などに発生が多くみられることより、外的刺激も危険因子の1つと考えられています。

ほくろと思われるしみに対して、自分で針を刺したり、焼いたりしてとろうとすることは決して行わないほうがよいでしょう。
ほくろを刺激しないように心がけた方が良いと思います。
さらに、成人後出現したほくろが次第に大きくなったり、色が濃くなったりしてきた場合は、早めにお近くの皮膚科を受診しましょう。

悪性黒色腫と新たに診断される人数は、1年間に100万人あたり約10~20人です。
年齢別にみた罹患(りかん)率は、男女とも60歳代から高齢になるにつれて高くなります。
罹患率の男女差は大きくありません。
発生部位は足底(足の裏)が最も多く、このほか体幹、顔面、首、爪(つめ)などさまざまな部位に発生することもあります。
その他、悪性黒色腫は皮膚だけでなく、頻度はあまり多くありませんが粘膜にも発生することがあります。

がんは早期発見早期治療と言われています。
メラノーマに関しても例外ではありません。
早い段階で受診をして適切な治療を行えば完治する可能性が非常に高いと言われています。

是非、疑わしいと思ったら受診だけでもしてみてはいかがでしょうか。

「メンテナンス」

寒い日がまだまだ続いていますが、毎日発汗し奮闘している責任者の小倉と申します。
今日は私の話しを少し、綴っていこうと思います。

形のある物はいつか、故障や壊れてしまうものです。
それは私達の仕事でも例外ではありません。
日々、入居者の方の杖や車椅子あらゆる物品の点検は安心した生活を維持していくのに欠かす事は出来ません。
杖の底がすり減っていないか、部品は適正に取り付けられているか、物品の観察も介護の専門職として求められる技術です。

専門職に必要な技術を語っている私ですが、これまで自身の身体について目を向ける事がありませんでした。
以前とは違って、身体の重さを自覚するようになり、おじさん突入です。(笑)
 
「身体の重さを克服するために、即行動!!」 近所の整骨院に行ってみることに。

当初、身体中の骨をバキバキと音をたて治療する事を想像して怯えていましたが、実際はマッサージを入念に、骨の音は一切する事がなく治療後は久方ぶりに身体の軽さを実感する事が出来ました。
おじさんもまだいける!!まだまだこれからファイヤー!!という気持ちでスキップしながら帰路に着きました。

物品だけではなく自身の身体のメンテナンスも大切だと思い、今日も発汗し奮闘している小倉でした。

『川柳地区ネットワーク会議』

先日、地域包括支援センター川柳・大相模の皆さんが主催する地域ネットワーク会議に参加してまいりました。

越谷なごみの郷の職員も近所に住んでいる方たちと顔の見える関係性をつくっていきたいと考えており、この会議に参加させていただいています。

今年度は「子どもから高齢者まで、多世代で『地域づくり』を考えよう!」
~「川柳地区に住んで良かった」誰もそう思える、安心して暮らせる川柳地区を目指して!広がる“地域包括ケア”~
というテーマで地域の方々と意見交換をしています。

川柳地区での多世代交流を通して、顔の見える関係性作りをしていくために取り組めることを話し合いました。
自治会ごとのグループに分かれ意見交換などをさせていただき、既にたくさんの多世代交流の機会がある事を知ることが出来ました。
また、課題となったのは高齢者が多く住んでいる集合住宅では集会所があるため、集合住宅に住んでいる方だけでなく近隣の方にも利用して頂ける様な周知活動を行い、世代を超えた交流ができないか?などと色々な意見がありました。

越谷なごみの郷に住んでいる方がもっと地域の活動に参加できる機会を増やしていけるよう、まずは職員が地域に住んでいる方たちと顔の見える関係をつくり、今後も地域の活動に参加していきたいと考えます。

梅の花も咲きはじめ春の訪れを感じる今日この頃、寒暖差のある日が続きますので、体調にお気をつけてお過ごしください。

デイサービス 佐藤 まりこ

ラオスのボランティア活動

昨年6月、ブログで鉛筆を募集致しました。
沢山の方々から鉛筆を頂きまして、無事ラオスの子供達に届ける事が出来ました。
また、沢山の方々からのご協力により、ラオスにとても素晴らしい贈り物を届ける事が出来ました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

出発前、ボランティアに行く方々と初打ち合わせに参加・・・緊張します。
「ん?この人数で行かれるのかな?」と、初印象はこんな気持ちでした。

出発日、打ち合わせ日の方々以上に人数が増えていて「んん??」と独り言です。
またもや緊張していましたが先生方や歯科衛生士さん、他業種の方々がとても気さくに話しかけてくれ、緊張も徐々にほぐれました。

深夜便で羽田空港からタイのスワンナプーム空港へ約6時間半。
トランジットのため、5~6時間の自由時間がありました。
そして初めてのラオス行きの飛行機に乗り約1時間半。
空港には日本とラオスの国旗が入った看板があったので驚きました。

2班に分かれて、私はナポー村という所へ行かせて頂きました。
「ん?先生方・・・そこに乗るのですね?」心の中で思わず呟きが・・・。

①

ナポー村の学校には大きな木がありました、昔見たCMのような木ですよね。

②

③
④

2日目は1班と合流して別の学校へ行きました。
準備から診療まで、交流を楽しみながら活動している姿に感動です!

⑤

⑥

⑦

⑧

⑨

現地の教員、歯科医師、日本文化を伝える方々、子供達の笑顔は今でも忘れる事はありません。
とても貴重な機会と経験を、甘利院長を始め、KADVO(ボランティア名)の方々から頂きました。

本当にありがとうございました!!

施設ケアマネ 井上

【アドバンス・ケア・プラン二ング】

1月31日に、今期3回目の法人ケアマネ合同研修会を開催しました。
今回の研修は、各自がテーマを決めて、パワーポイントで発表する参加型の研修内容でした。
それぞれ「認知症」、「家族介護者支援」、「ターミナルケア」、「医療連携」等、普段の業務の中で、事例や支援を通して考えたこと、学んできたことを、お互いに発表・共有した有意義な研修となりました。

ケアマネ合同研修2

ケアマネ合同研修

発表の中にありました「アドバンス・ケア・プラン二ング」について触れてみたいと思います。

「アドバンス・ケア・プラン二ング」(ACP)とは、将来の変化に備え、医療及びケアについて、利用者さんを主体として、そのご家族や近しい人、医療・ケアチームが繰り返し話し合いを行い、利用者さんの意思決定を支援するプロセスと定義されています。
簡単に言いますと“もしもの時の話し合い”、利用者さんの人生観や価値観・希望に沿った、将来の医療及びケアを具体化していくことを目標としています。

2018年4月に改訂された、厚生労働省の「人生の最終段階における医療・ケア」の決定プロセスに関するガイドラインにも、ACPの概念が導入となり、11月には「人生会議」という名称になりました。
多死社会を迎え地域包括ケア構築への対応の中、ますますACPの必要性が求められています。
わたしたち介護支援専門員は、身近な所で利用者さん・ご家族の価値観や人生観を知り、信頼関係を築いていける立場にあります。
その方にとって、最善の医療・ケアの実現に向けて、希望に沿った意思決定ができるように支援していきたいと思います。

居宅介護支援事業所 
主任介護支援専門員 藤井 一成

面会制限ご協力ありがとうございます

こんにちは!
施設ケアマネジャー及び相談員の木下です。

全国各地でインフルエンザが猛威を振っています。
お湿りが欲しいところ・・・やっと昨日、降りましたね・・・寒い寒い雪交じりの雨が。

インフルエンザで大変な時期、越谷なごみの郷は12月に1名の感染者を出してしまった以降、蔓延することなく何とか穏やかに生活することが出来ています。
このままの状況を維持するため、ご家族様の面会を中止させて頂きました。

ご家族様には、多大なご迷惑をおかけし申し訳ありません。
解禁の際には、直ぐにご連絡を差し上げます。
もうしばらくご協力をお願い致します。

高齢者の方にはインフルエンザワクチンと併用に、肺炎球菌ワクチンを接種することが望ましい様です。
高齢者は、インフルエンザ後、肺炎を起しやすいからだそうです。
肺炎球菌ワクチンは費用が助成される年齢がありますが、それ以外の年齢で受けるとお高いワクチンですが、苦しい思いをさせたくない、したくないとお考えの方は、毎年検討して見て下さい。

インフルエンザと並んで注意したいのが、「風疹」!別名「三日ばしか」
感染力は、インフルエンザの2~4倍・1名の感染者から、免疫が無い5~7人に感染するそうです。
症状は軽めですが、まれに脳炎等の合併症が起こる事があり、油断が出来ません。
特に妊婦の方は要注意です。

まだまだ寒い毎日です。
皆さん、手洗い、うがいを念入りにし、充分に水分をとり、栄養のあるものを食べ、感染症などにはかからず、暖かい春を迎えましょう!、

「冬の景色」

デイサービスでは、自宅から施設の往復の送迎を行っています。

寒い季節になりましたが、お天気がよく空気が澄んでいる日には車窓から富士山が見える事があります。
(よく見えるのは、大相模不動尊近くの不動橋です)

富士山が見える事は珍しいことではないかもしれませんが、デイサービスの始まりである送迎の車窓から立派な富士山が見えると、

「あ、富士山が見えた!!」
「今日も良い1日になりそうだね!!」 

等と言う会話が交わされます。

皆さんも送迎を担当している職員も嬉しくなり、1日の始まりをより楽しくスタートできる様な気がしています。

寒くなると風邪をひいてしまう事や、手足が冷えて外に出るのが億劫になってしまいますが、越谷なごみの郷に来て下さる皆さんはお元気に休まず過ごされる方が多くいらっしゃいます。
皆さんの身体が少しでも温まればと言う考えからデイサービスに到着されると生姜紅茶をお出ししています。
引き続き、皆さんにお元気に過ごして頂けるよう取り組んでいきたいと考えております。

空気が乾燥し、風邪のひきやすい季節ですのでこまめな水分補給や肌の保湿をしていただくなどお身体大切にお過ごしください。

デイサービス 佐藤 まりこ

「亥」

本日も「越谷なごみの郷」のホームページにお越しいただき有難うございます。
早いもので新年を迎え、16日が経ちました。平成最後の年です。

平成最後の干支は「亥」!

そんな亥年生まれの一般的な性格を調べてみました。

○勇気がありまっすぐに進む
○我慢強くやり遂げる
   
長所:何事にも熱心で勇気がありやり遂げる。
       正義感が強く弱者を守り強者にもひるまない強さを持っている。
短所:頑固で厳しい物言いになりがちなところ。
人の主張を聞かず自分の言い分をはっきり言うので威圧的に見られがち。
しかし裏表がなくすぐ忘れるので後腐れのない人付き合いをする。
根が優しく思いやりに溢れていて、人の事を信じやすい性格なので騙されないよう注意が必要。

乙亥(きのとい)昭和10年/平成7年
丁亥(ひのとい)昭和22年/平成19年
己亥(つちのとい)昭和34年
辛亥(かのとい)明治44年/昭和46年
癸亥(みずのとい)大正12年/昭和58年

などがあり、亥年の中でも特徴が様々なんですね。

越谷なごみの郷の入居者様では☆彡

大正12年生まれ:女性1名
 昭和10年生まれ:男性3名・女性6名
 昭和22年生まれ:男性1名

以上11名の年男年女の方々がいらっしゃいます。

初詣に行ってきました\(^o^)/
写真1

写真2
     
今年も皆様にとって幸せな一年でありますように!!
               
越谷なごみの郷ショートステイ相談員 
村上 薫

第2回 川柳地区地域包括支援ネットワーク会議に参加して・・・

新年、明けまして おめでとうございます。                        
訪問介護事業所 サービス提供責任者の渡邉です。

私達 訪問介護の職員は、昨年11月末に開催された地域包括支援センター川柳・大相模主催の『第2回 川柳地区地域包括支援ネットワーク会議』に参加しました。
会場の各テーブルには、自治会の役員をはじめ、民生委員、医療関係者、介護関係者、ボランティア関係者等の方々が多く参加されてました。

H31年1月9日写真

第2回のテーマは

子供から高齢者まで、多世代で『地域づくり』を考えよう!
~「川柳地区に住んで良かった」誰もがそう思える、安心して暮らせる川柳地区を目指して!広がる“地域包括ケア”~

ということで、当施設の橋本施設長より、「café nego~認知症カフェ機能と共に、多世代交流の場をを目指して」と、2丁目たんぽぽ会の駒崎代表より「北越谷で行われている多世代交流、始まりとこれから」という二つの、実際に開かれている多世代交流のお話を聞かせて頂きました。

どちらも、新しい交流の場を生み出すために試行錯誤を重ね、誰もが参加し易く、また誰もが楽しめ、時には身体を動かしたりといろいろな工夫がされており、地域の方々に早く広まればと願っております。