健康が一番!!!

こんにちは!B館フロア職員の島田です。

朝晩は寒い日が続いていますが、皆様体調にお変わりなくお過ごしでしょうか?

つい先日私の父が軽い脳梗塞を発症しました。
数ヵ月前から手の痺れがあり受診を勧めていましたが、面倒くさがりで病院嫌いな父。
仕事を理由に受診しておらず…。
たまたま膝の痛みで受診をしたところ、高血圧、軽い脳梗塞になっている事が発覚しました。

父は1人暮らしで普段から食生活も何も気にせずに、好きなものを好きな分だけ食べ、酒、タバコなども好んでいました。

脳梗塞の前兆症状は

笑っているのに片方の口角が下がる。片目が大きく開けられない。
片方の手足が重く動かしづらくなり突然物を落としてしまう。
手足に痺れがあり、痛みを感じにくい。
ろれつが回らない。頭で考えた事が上手く伝わらない。

等々です。

このタイミングで見つかってくれて良かった…の一言です。

この時期になるとお風呂と脱衣場の温度差で倒れてしまうこともありますので、皆様も外の気温差だけでなく室内での温度差も気をつけていきましょう!!

健康が一番!!!

お待たせしました!!

こんにちは!
デイサービスの赤坂です。

なごみの郷デイサービスは「外出」を主活動としてきました。
ここ数年は、コロナ感染症の為外出活動を控えていましたが・・・
11月より外出活動を再開しました。

まだまだ感染状況を見ながらの活動になりますが、薬局・紅葉散策・衣料品店・スーパーなどを予定しています。

外出を控えていた間、利用者の皆さんとまた「散歩」「買物」に行きたいという強い気持ちとともに歩行訓練を頑張っていました。

職員一同コロナ過のなか、出来る限り外出活動を楽しんでいただける環境を整えていきたいと思っております。

写真は先週、総合公園にイチョウを見に行った時のものです。

IMG_1278

IMG_1279

IMG_1280

『フルーツサンド part2』

こんにちは、訪問介護事業所 今年で勤続20年目を迎えた渡邉です。

先月、居宅の山本ケアマネより声をかけてもらい、思わず『食べてみたい』衝動にかられ【フルーツサンド】購入に参加しました。

事務所に昼頃届けられた【フルーツサンド】を見た職員から「わあ、美味しそう‼これは何?」と声が上がり。
また、種類の多さに感動した職員からは、『これ誰が頼んだの?』と人の分まで気になり、いったい自分の【フルーツサンド】はどれなのか・・・?
注文した職員全員が、幸せな気分を味わい、ワクワク、ソワソワ一瞬にしてみんなの心を躍らせてくれました。

そして、いよいよ自宅に帰り家族と一緒に 至福のひと時を楽しみました。
あ~、美味しかった ごちそうさまでした。

image4

image3

image1

image2

お昼ごはん

こんにちは(^^)/
管理栄養士の山田です。
新型コロナウイルス感染症も少しずつ減少傾向かなと思っていましたが、また少しずつ先週よりも感染者数が上回っているなどまだまだ落ち着かない様子が見られていますね。
越谷なごみの郷でもしっかり感染対策を継続していきます!!

さて話は変わりますが、2022年5月30日~6月11日の2週間越谷なごみの郷では初めて管理栄養士養成学校から管理栄養士の実習生さんの受け入れを行いました。
2020年から新型コロナウイルス感染症が流行し越谷なごみの郷でも実習生さんの受け入れを制限しておりましたが、コロナ渦で実習生さんの受け入れ先が見つからず困っている学生さんに実習できる環境作り、今後社会で活躍してもらいたいという思いで、感染対策をしっかりおこないながら管理栄養士の学生さんの受け入れをしました。

今回の管理栄養士の実習では主に給食管理業務について学んで頂きましたが、その中で実際に利用者さんに提供する献立作成を行って頂きました。
今日のお昼ご飯は今回実習に来てくれた管理栄養士の実習生さんが考えてくれたメニューの日でした!!

ご飯
味噌汁
チキン南蛮
大根としめじの炒め物
果物

写真①

美味しく頂きました(^^♪
来年度も実習生さんの受け入れが出来るよう環境作りをしていきたいと考えております。

♡♡♡

本日も「越谷なごみの郷」のホームページにお越しいただき有難うございます。
まだまだ終息の目途が絶たないコロナ禍ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。ブログ1年ぶりのショートステイ相談員の村上です。

私が越谷なごみの郷に入社したのが平成13年10月。
『越谷なごみの郷』の創立が平成10年12月。
下の娘が幼稚園年長の6歳の時でした。
今ではその娘も27歳。

現在も創立から就労されている職員が沢山おりますよ~!

21年間、越谷なごみの郷で過ごした過去を振り返ってみると・・・
楽しい事、大変だった事、涙した事、嬉しかった事、沢山あります。

いつも身近な仲間達に支えられ助けていただき今日があります。
私が知り得るところでは、社内恋愛後結婚されたカップルがなんと12組
現在退職された方々も含みますが、こんな素敵な出会いもある越谷なごみの郷です。

結婚後も共働き手当、出産手当、育児休業等々福利厚生施設も充実しています。

そんな私達と一緒に働きませんか?
越谷なごみの郷では「あなた☆彡」をお待ちしております!!

訪問介護事業所 今年で勤続19年目を迎えたサービス提供者の渡邉です。

昨今 コロナ禍の影響で、私達の楽しみも少なくなっておりますが、今年は一年間延期の末 無事に
『Tokyo 2020オリンピック&Tokyo 2020パラリンピック』が盛大に開催されました。

 パラリンピック『車いすラグビー』の日本代表唯一の女子選手として出場している『倉橋 香衣選手』 
 (兵庫県神戸市出身で現在越谷市在住) 訪問介護では、障がいがあってもトップアスリートとして
世界に羽ばたく姿をめざす「倉橋選手」を2014年からサポートさせて頂いております。

 倉橋選手は、中学・高校と体操を続け、高校卒業後は 教師の道を志し埼玉県の文教大学教育学部に
進学し、トランポリン部に入部されました。大学3年生の時、トランポリン大会の練習中に技を失敗し、
首の骨が折れ頸髄を損傷するという大きな事故にあい、鎖骨から下の感覚がほぼなくなり、肩と腕の
一部しか動かせなくなるという重い障害を負ってしまいました。

それでも悲観することなく、大学への復学を目指して懸命にリハビリに励む日々を送り そんなある日
 車いすラグビーに出会い すぐにその激しさに魅了されたということです。そして、2017年車いすラグ
ビー日本代表に女子選手として唯一選出されたのを機に 『Tokyo 2020 パラリンピック競技大会』
日本代表推薦選手に選ばれて、見事に銅メダルを獲得されました。

 多くの方が倉橋選手の活躍の映像をご覧になっていたと思われますが、車いすラグビーは、男女一緒に
 プレーをします。倉橋選手が味方の攻撃の進路を確保するために 相手の動きを先読みし 相手をブロ
ックすることで トライに結び付けるという そんなシーンを見た時 「あんなに美人さんが大男に
タックルして凄い、相手が吹っ飛んだなんておそるべし」と興奮し歓喜をだれもが上げたのでは?と
想像しております。

そして倉橋選手の功績をたたえ、9月22日に越谷市より名誉ある『越谷市民栄誉賞』を授与されまし
た。更には出身地からも『神戸栄誉賞』を授与されました。立派な成果を収め 越谷市民の誇りです。

最後に 主に訪問をしている職員にどんな気持ちで 支援をしているのかと尋ねたところ『ぐっすり、
寝かせてあげたい。』まさに母が子を思うそんな気持ちでいるようです。倉橋選手、これからも頂点を
目指す日本代表選手の仲間と共に挑戦を続けてください。

はじめまして!

【はじめまして part1】
みなさん、始めまして!
地域包括支援センター川柳で社会福祉士として勤務しております、谷浦です。

初めて、なごみのブログを書きますので、何を書こうか迷っています。
6月に入職してから数カ月経ちましたが、毎日新しい経験ばかりで、新鮮な気持ちで毎日の仕事に取り組んでいます。
地域包括支援センターには、色々なお問い合わせが入ります。
来所、電話、他の地域包括支援センターからの訪問と様々ですが、色々なお悩み、不安等を抱えられている方々が多く、少しでも力になり、地域に貢献できればと
思っています。

まだまだ、たくさんの事を覚え、経験を積まなければなりませんが、先輩方に追いつけるよう、楽しい職場で頑張りたいと思います!
宜しくお願いします!!

【はじめまして part2】
皆様、はじめまして。
ひのき荘の中にある、地域包括支援センターで保健師をしております、山本です。
地域に根ざしたお仕事がしたいと思い、2ヶ月ほど前に入職させて頂きました。
 
初めてなごみのブログを書くものですから、どうしたらいいものか、、ぐるぐる悩みました。
ひとまず、『ブログ 書き方』で検索してみました。
大切なことは、
①結論→理由の順番で書くこと
②読者目線で書くこと
のようです。
 
特に、結論から先に!の難しさを、仕事をする上で日々痛感しているところです。
地域包括支援センターは、来所の方はもちろん、電話、訪問など、とにかく人付き合い、人との会話が欠かせません。
先日、来所された方に『ここはいつも雰囲気が良くて笑い声がするね。また来ていいですか?』と言われました。
人からそういってもらえると、たいへん誇らしく自慢したい気持ちになりました。
相談機関として、『雰囲気が良い』というのは何よりの強みだと思います。
このような職場で、先輩方の背中を必死に追いかけながら学ぶ毎日です。
 
最後に、地域包括支援センターからの澄み渡る秋空を。
2022.10.5 包括谷浦・山本 ブログ写真
 

敬老の日

B館を担当している米倉です。

新型コロナウイルス感染症については、ご利用者様・ご家族様には大変ご迷惑・ご心配をおかけしました。
それもなんとか落ち着き、以前の生活へと戻りつつあります。
今まで通り感染対策はしていますが、利用者様は穏やかに過ごされています。

少し前になりますが、、、

9/19(月)
敬老の日は、厨房より赤飯・天ぷらが振舞われ、施設からはお刺身の提供をして、お祝いさせて頂きました。
(嚥下が悪い方へは、ネギトロを提供しています
写真 (3)

写真 (2)

皆様、大変喜ばれて召し上がられていました。
写真 (1)
豪華で量も多かったので、お腹いっぱいになったと思います。

お刺身の人気は、やはり大トロ・中トロでした!!
なかなか食べる機会もないですもんね。

沢山食べて、これからも皆様に健康で長生きしていただきたいですね。
皆様の喜ばれる姿を見る為に、今後も支援して参ります。

フルーツサンド♪

とある日の夕暮れ時、総務課の山崎さんがフルーツサンド屋さんの広告を見せてくれました。
「10個注文すると配達をしてくれるみたいですよ。」と一言を添えて。

そこにはイチゴ、パイナップル、みかん、りんごがたーっぷりの生クリームとふわっふわのパンにサンドされ並んでいました。
「おいしそう!食べてみたい!」
タイムカードを切り、広告に載っていた住所を頼りに車を走らせました。
・・・残念。駐車場がありません。自転車で出直す気力はないので、その日はあきらめて帰宅。

翌日出勤し、同僚たちに報告&相談。
配達可能となる10個の注文は集まりそうにありません。
そこで、他部署の職員さんにも声をかけてみました。
あれよと言う間に注文が入り、翌日にはびっくり!
合計38個の注文となりました。

フルーツサンドをきっかけに普段は接点のない他部署の職員さんと話をしたり、フルーツサンド好きがたくさんいることを知る機会にもなり、なんだか嬉しくなりました。
人の心を楽しくしてくれる、魅力的なスィーツです。

今日予約注文し、お届けは明後日です。
感染症予防のためみんなで会話をしながら楽しむことはできませんが、黙食後の情報共有・情報交換を楽しみたいと思います。

一週間の始まり

皆さまこんにちは。
総務課の山﨑です。

私は今週の始まりから忘れ物の連続でした。

まず、出勤時になごみの駐車場に着いて、さあ行こうと思ってカバンを探すとあら不思議、車内のどこにもありませんでした。
ただ、しっかりお弁当だけは持ってきていました。(スマホと免許証もお弁当の方に入っていたので良かったです。)
この時、自分の中での優先順位は、カバンよりもお弁当なのだと再認識しました。

続くときは続くもので、今度は帰宅途中でスマホが見当たらず、なごみに置いてきてしまいました。
まだなごみの近くにいたので戻ることができましたが、月曜からコントのような一日でした。

日々バタバタと過ごす毎日ですが、どんな時でもひと呼吸おいて行動したいものです。