ユニットリーダー 佐々木みのり

一人で悩んだり抱え込んだりしなくてもいい職場

介護職 佐々木みのり

介護職 佐々木みのり

この職場には相談出来る仲間がたくさんいることに、とても助けられています。床ずれで皮膚の傷が激しい状態のご入所者がいらっしゃいました。そこで私は専門委員会で「いま、私たちに何が出来るか」を提案。看護師やドクター、管理栄養士とも一緒になって原因を調べ、栄養バランスを工夫したり、ベッドを低反発のマットレスやエアーマットに変えたりと、考えられる原因を一つずつ改善することで、状態が良くなりました。このような機会は、各委員会に限らず、みんなで積極的に意見を出し合える場があります。また、尊敬出来る先輩がいることは私にとって何よりの励みとなります。相談すると一方的に答えを言うのではなく、私が自分で解決策を見つけられるように導いてくれます。まだまだ未熟ではあっても、いま自分に出来る事に全力で挑めるのは、そんな周りの職場環境があるからであり、私自身も「共に」支え合える先輩となれるよう頑張っています。

施設サービス課 介護職 佐々木みのり(24年度新卒)