施設長/求める人物像

この仕事の魅力

施設長 橋本かおり

当施設は、介護保険制度導入前から18年間介護サービスを提供し続けて来た実績と培ってきたノウハウがある介護業界のパイオニア的存在であり、日本国民のセイフティーネットの一躍も担っています。今の世の中には無くてはならない、必要とされているという自負を力にやってきた施設です。その中でも大切にしてきたものは、「介護感を誇れる仲間づくり」ということです。入居者が地域住民として暮らして行けるように、「こんな風に支援がしたい」「こんな施設にしようよ」家族、地域と一緒に入居者の生活基盤を構築することに一貫して邁進してきました。高齢者支援をする上で、考えたことがあります。人は生きて行く中で確実に年老いて枯れていくものです。そして、平等に死を迎えます。この流れ(人生)の中で、自分の力だけでは、今までの生活が維持できなくなる・・・そんな時に杖のような存在でありたいと。1人暮らしやろう老介護の高齢者が増える中、何らかの理由でそれまでの家での生活ができなくなったとしても「ここでの生活も悪くはないな」と、自分らしく主体性を持って暮らせるように支援したいと強く思えたのです。想い返すと仲間と入居者の事を話す時がお互いの考え方を知り、方向性を共有でき、この仕事に就いて良かった!楽しい!と思えたものでした。また、そんな中で自分の介護感が育ったように思うのです。一人の力は小さいけれど、仲間となら叶えることが出来ることが沢山あります。この介護の仕事を選んだなら、何かひとつでも興味を持ち、やる気を持って仕事に挑んでほしいのです。そして介護職ならではの「やりがい」を体感してほしいです。そんな仲間が増えたら、きっと素敵な施設になると思うのです。

越谷なごみの郷が求める人

施設長 橋本かおり

資格より、経験より、挑める仲間になれる方!

ご応募いただく段階では、経験や資格は重視していません。もちろん職種にもよりますし、資格はあるに越したことはありませんが、もっと大切なことが2つあります。1つは、どんなことにも「挑める」「挑もうとする」ことができる方。介護に限らず、どんな仕事でもゴールはありません。常にご高齢者の暮らしが私たちの暮らしに近づくよう、今ある業務に満足することなく、より良い方法はないかと考え動くことができる『考動力』ある方を歓迎します。そして2つめは、「チームワーク」を大切にできる方。たとえ何かがうまくいかない時でも、誰かや何かのせいにするのではなく、「自分に何か足りない点はなかったか」と振り返り、自分にできることを追求できる…そんな仲間を求めています。上でお話しした通り、私自身も未経験転職組。一人ひとりの成長意欲をとことん尊重する風土のもとで、あなたならではのキャリアをつくりあげていってください。

施設長 橋本かおり