地域密着ユニット特養 責任者 岡裕和

ご入居者やご家族と接する日々が、私を成長させてくれた。

施設係長 岡裕和

施設係長 岡裕和

介護職としてスタートを切り、相談員にキャリアチェンジ。足掛け7年の経験を重ねたのち、再び介護現場に復帰し、係長としてのミッションに携わることになりました。現在は、4ユニット計38名の入居者のケアと、20名の介護スタッフのマネジメントに取り組んでいます。実は、過去にも一度、係長としてのポジションに着任したことがあったのですが、当時は自分に余裕がなく、満足な結果を出すことができませんでした。ですが、相談員として多くのご利用者やご家族の方々と接する日々が、私を成長させてくれました。以前と最も異なるのは、『人を巻き込む』コミュニケーション力が身についたこと。管理職だからとひとりで抱え込まず、同じ係長同士でミーティングを重ね、総務セクションの職員たちとも連携を取りながら仕事に取り組むことで、「今なら、昔とは一味違うマネジメントができる」という手応えを実感しています。係長としての経験を通じて、もっと視野を広げていきたい。スキルに磨きをかけ、チャンスがあれば再び相談員として、さらに質の高い仕事を生み出していきたい…。そんな思いを胸に、この新たな挑戦を楽しんでいます。

施設サービス課 施設相談員 岡裕和